お顔のシワの種類・原因・予防法

しわ 未分類

お顔にできるしわ(表皮しわ・真皮しわ・表情しわ)の原因を徹底解説

年齢を重ねると、どうしてもシワは生まれます。シワがあるため年齢がわかってしまうと嫌がる人もいます。年齢を重ねてもシワが目立たないように若々しい肌を目指し、保湿ケアを始めとしたお手入れをしていきましょう。

眉間にしわがあると常に厳しい表情をしている人に思われてしまいますし、人相もはっきり言って良くありません。また、口周りにしわできてしまうと、実年齢よりも老けた印象となってしまい、若々しさが失われてしまうことがあります。

このようにお顔のしわは、見た目に影響するため、日常生活の中でしわの原因となることがあれば、防いでいきたいですよね

なぜしわができるのか、その種類ごとに原因を解説します。

お顔にできるしわの種類は1つじゃない!主な「しわ」の種類とは?

シワ

お顔にできるしわは、全部一緒だと思っていませんか?

眉間にできたもの・目元にできたもの・口元のもの、全て「しわ」には変わりありませんが、実際は3つの種類に分けられます。

表皮しわ

表皮とは、皮膚の最も外側にある厚さだいたい0.2mmの膜です。刺激や異物の侵入を防ぐ役割があり、「角層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4層で形成されています。最も外側にあるのが角層、内側にあるのが基底層です。

表皮シワは、表皮にできるシワのこと。ちりめんじわや小じわと呼ばれることもあります。シワの中でも、浅くて細かいのが特徴で、目元や口元に多くできます。

真皮しわ

真皮とは、表皮の基底層のさらに内側にある、皮膚組織の本体ともいえる部分です。表皮の厚さ(0.2mm程度)に比べると、平均して2mmの厚さがあります。

繊維状のタンパク質であるコラーゲンや、ヒアルロン酸、エラスチン、これらを生成する線維芽細胞でできています。

そのほか真皮にはリンパ管や血管なども張り巡らされています。真皮しわは、この真皮の部分からできるシワで、まぶたの下やほうれい線など広い部分にできるのが特徴です。真皮しわで皮膚がたるんだりすることもあります。

表情しわ

表皮しわや真皮しわは、長く残ってしまいやすいしわですが、表情しわは基本的に、一時的なものです。眉を寄せた時にできる眉間のしわやおでこのしわ、笑った時にできる目尻のシワなどが表情しわと呼ばれるものです。

3種類のしわのそれぞれの原因とは何か?

顔のしわについて原因を考えている女性

お顔のしわは、主に3種類に分けられるのでそれぞれ原因が全く異なります。

表皮しわができる原因

浅く細かくできる表皮しわの原因は、”お肌の乾燥”です。

保湿不足や加齢、環境の変化などによって、お肌が乾燥すると、肌のキメが乱れてしまい、線状の溝が生じます。 そのため、シワとなってわかりやすくなってしまうのです。

真皮しわができる原因

真皮しわは、加齢や紫外線などで肌のハリが失われ、肌がたるむことによって生じてしまいます。紫外線の中にはお肌の真皮まで届くUVAという物質があり、これらがお肌にハリを与える物質を破壊してしまいます。

また、ハリをキープする物質は年齢ともに減っていってしまうため、加齢とともにハリも失われていきます。

表情しわができる原因

表情しわはその名の通り、表情を変えた時にだけ発生します。基本的には一時的なものですが、常にしわを寄せていたり、加齢とともにハリが失われたりすると、表情しわが定着してしまう場合があります。

しわをできるだけ作らないための予防方法

しわを予防するためにはどんなことが必要なのか、しわの種類ごとに予防法を解説します。

真皮しわの予防方法

真皮しわの場合は、とにかくお肌にハリを失わせないことが大切です。

紫外線予防を徹底する

紫外線は、お肌のハリを失わせる大きな要因です。ですので、日傘をさすなど紫外線予防を徹底しましょう。

表情しわの予防方法

表情しわには表情筋が大きく関係しているので、表情筋に対するアプローチが欠かせません。

表情筋をマッサージする

顔をマッサージしている女性

表情しわを予防するためには、適度に表情筋をマッサージするのがぴったりです。

マッサージする時は、両手の人差し指・中指・薬指を使って円を描くように下方向から上方向へくるくるとマッサージします この際、フェイスクリームなどを使用すると、摩擦を防ぐことが可能です。

しわとなる癖をやめる

例えば、眉間にしわを寄せてしまいがちな場合は意識してやめてみましょう。また、目が悪くて眉を寄せているという場合は、めがねやコンタクトを使用するといったことも試してみましょう。

万が一、しわが出来てしまった時は?

しわが出来てしまった時は、まずそれがなんの種類かを見極めましょう。

目尻や口元などにできていて、乾燥している場合は、表皮しわである可能性が非常に高いです。効能評価試験済みの乾燥による小じわを目立たなくする化粧品を取り入れてみましょう。

それでもしわが消えない場合は、真皮しわや定着してしまった表情しわの可能性があります。真皮しわや表情しわは乾燥が原因ではないため、乾燥による小じわを目立たなくする化粧品ではケアできません。

しかし、メイクをすることである程度目立たなくさせることができます。しっかり保湿を行ってから、薄く重ねる形でベースメイクを仕上げていきましょう。

しわの種類は3種類

お肌の印象を左右するしわは、「表皮しわ」「真皮しわ」「表情しわ」の3種類に分けられます。

  • 表皮しわ・・・加齢・保湿不足・季節などによる乾燥
  • 真皮しわ・・・加齢・紫外線によってハリが失われる
  • 表情しわ・・・表情筋の定着

そのため、しわを予防するためには、お肌のハリを失うような習慣を改善する、表情筋のマッサージを行うということが欠かせません。

今回ご紹介した7つの方法を実践して、しわを防いでいきましょう。万が一、しわができてしまったという場合は、できてしまったしわがどれなのか判断した上での対処が欠かせません。

表皮しわの場合は、効能評価試験済みの乾燥による小じわを目立たなくする化粧品での対処が考えられますが、真皮しわや表情しわの場合は難しいです。

真皮しわや表情しわができてしまった場合は、メイクで目立たなくすることを考えましょう。この時、厚塗りるとメイク崩れを起こしてしわが目立ちやすくなるので、薄く重ねることを意識しましょう。

シワの年代別ケア

シワの重症度は一般には年齢に比例していくものです。
その年代に応じて、適したシワ対策を行うことが未来の美肌への備えとなるでしょう。

20代
20代前半であれば、小ジワ予防として、保湿をまめに行う習慣づけをすれば十分です。
エイジング化粧品を使用する必要はありません。ただ紫外線によるメラニンの蓄積は将来のシワへの貯金になってしまいます。紫外線対策だけは365日、1年を通して怠らないよう心がけましょう。

30代
お肌の曲がり角の25歳を過ぎた頃から、コラーゲンは減少し始めます。30代を迎える前から、コラーゲンを生成する作用のある成分を高配合した化粧品を使い始めてもよいかもしれません。また仕事や家庭でのストレスや睡眠不足が肌に悪影響を与え始める時期でもあります。生活面の見直しもシワ対策につながります。

40代
40代は本格的な老化が進行するので、本格的なエイジングケアが必要となってきます。うっかり日焼けや、手抜きスキンケアが命取りとなりますので、気が抜けません。シワ対策としてはコラーゲンを増やす成分に加え、抗酸化作用のある成分を高配合した化粧品を取り入れるのも良いでしょう。

抗酸化作用のある成分
「アスタキサンチン」「リコピン」「オウゴンエキス」

50代
50代は更年期の影響でホルモンバランスが急激に乱れ始め、肌の調子がますます不安定になる年代です。シワやたるみが真皮にまで達していることが多いため、改善を望むのであれば、医療機関でのシワ・たるみ治療を受けてみることも視野に入れるべきでしょう。

シワを作らないためのポイント

日常生活で予防できること

目もとは顔の中でも動きの激しい部分。瞬きの回数も多く、目をこするクセのある人もいます。そもそも目もとの皮膚は薄くデリケートなため、負担がかかりやすいのが特徴で、シワもできやすい部位です。そこに笑いすぎてシワができることもあります。笑うと目が細くなり周りの皮膚を引っ張るなど形状を変えてしまうので、シワができやすくなるのです。こするクセのある人は、できる限り擦らないように気をつけましょう。また、濃いアイメイクをして落とすときに、こすっておとすのはタブー。クレンジングでそっと落とす心がけを。

紫外線ケア

紫外線は肌にとって“百害あって一利無し”と言われます。紫外線は肌トラブルのほとんどに関わってくるほど悪影響があります。

紫外線は肌を乾燥させるだけでなく、酸化や糖化にも関係し、肌をくすませたり、シワやたるみをつくったりするのです。また、紫外線は量や強弱の差はあっても一年中降り注いでいます。常に紫外線防止の心構えが大切です。
必ず紫外線防止効果のあるコスメを使うこと。時間が経ったり、汗をかいたら塗り替えることが必要。そして、日傘をさしたり、紫外線防止カットのある衣料を着たりするなど、一年中気をつけることが肌のためには重要です。
そして、「ちょっとそこまでだから大丈夫」といった甘い考えは捨てること。その「ちょっと」がとても肌にとっては危険なのです。

加齢と紫外線

年齢を重ねると肌は薄くなり、乾燥しやすくなります。加えて、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10など、若いころには十分にあったものが減ってきます。

特に40代になると目に見えて減少、コラーゲンやエラスチンは減少とともに変質も起こします。紫外線はただでさえ減少しているコラーゲンやエラスチンに悪影響を及ぼし、くすみやシワ、たるみを引き起こしてしまうのです。

スキンケアの重要性

毎日の地道なお手入れこそ大切。女性がスキンケアをしないということはないはずですが、シワが気になるようなら、早めのお手入れが大切。手と首は年齢を表すと聞いて、それまで首のお手入れをしなかった人が、「丁寧にスキンケアするようになったらシワが目立たなくなり、深いVネックの服も自信を持ってきることができるようになった!」という実話があります。

肌をいたわるように優しく丁寧なスキンケアをすれば、肌年齢を遅らせることができるという好例です。さらに、乾燥や加齢のために有効な成分を配合したコスメでお手入れすればより効果的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました